ファストメール利用約款(初版:2007年07月14日)

第1章 総則

第1条(利用約款の目的)

この利用約款は、ファストメール(以下、「ファストメール」という。)のご提供するサービスの利用を目的とするご契約(以下、「利用契約」という。)の内容等について定めます

第2章 利用契約の成立

第2条(お申込方法)

  1. 利用契約のお申込の方法は、ファストメールの公開しているホームページからお申込いただきます。
  2. ファストメールの公開しているホームページからお申込いただく場合には、ファストメールが指定する申込画面に必要事項の全てを入力し、そのうえでご記入いただいた記載内容をもう一度ご確認いただき、画面に表示される手順に従って送信の操作を行なってください。
  3. 利用契約のお申込に際しては、この利用約款のすべての内容をご確認ください。この利用約款の内容の全部または一部についてご承諾いただけない場合 には、利用契約のお申込およびサービスのご利用をお断りいたしますので、その場合には本条第2項において定めるお申込のための送信の操作または前項におい て定めるお申込書のご提出を行なわないでください。
  4. 本条に基づきファストメールの提供するサービスの申込みをされる方(以下、「申込者」という。)は、申込の時点でこの利用約款の内容を承諾しているものとみなします。

第3条(利用契約の成立要件)

利用契約は、次の各号に掲げるすべての事由を要件として成立するものとします。

  1. 前条第2項において定めるお申込の情報または前条第3項において定めるお申込書がファストメールに到達すること。
  2. 申込者が第16条において定める料金の全部をファストメールに支払うこと。
  3. ファストメールが申込者に対して承諾の通知を発信すること。

第4条(利用契約の成立時期)

  1. 利用契約は、ファストメールが申込者に対して承諾の通知を発信した時に成立するものとします。
  2. 前項の承諾の通知は、申込者が指定した電子メールアドレスまたは住所に対して電子メールまたは郵便を発信または発送することにより、これを行ないます。

第5条(利用契約の承諾を行なわない場合および承諾の取消)

  1. ファストメールは、次の各号に掲げるいずれかの事由があるときは、利用契約のお申込に対して承諾を行なわないことがあります。
  2. 前項の場合には、ファストメールは承諾を行なわない旨を申込者にご通知いたしません。
  3. ファストメールは承諾後であっても承諾したお客様が第1項のいずれかに該当することが判明した場合は、その承諾を取り消すことがあります。この 場合においては、本項によりファストメールが承諾の取消をするまでの間に、申込者がファストメールを利用したことによる利用料そのほかの債務は、当該 申込者の負担とし、当該申込者は本利用契約に基づき当該債務を負担し、ファストメールはその受領した金員を返還しないものとします。

第3章 サービスの提供

第6条(サービスのご利用開始)

この章において定めるサービスは、前章において定めるところにより利用契約が成立した時からご利用いただけます。(利用契約が成立した申込者を「お客様」といいます。)

第7条(用語の定義)

  1. 「メール一斉配信サービス」とは (ア)お客様がインターネットを通じて送信してきた著作物等を特定のサーバに保存、登録したうえ、(イ)当該著作物等の閲覧希望者の電子メールアドレス宛てに当該著作物等を電子メールにて一斉同報的に送信するサービスをいいます。
  2. 「配信メールアドレス数」とは、お客様に代わってファストメールが一斉同報的に送信する電子メールの宛先としてお客様が指定する電子メールアドレスの数をいいます。

第8条(基本サービス)

  1. ファストメールは次の各号に掲げるサービスの全部または一部をお客様にご提供いたします。
  2. ファストメールは、お客様への事前の通知なくして、本条に基づく基本サービスを変更することがあり、お客様はこれを了承します。
  3. ファストメールは、その提供するサービスが適正に運営されるため、お客様の登録・保存・編集・削除・送信等したデータ・著作物を閲覧する場合があり、お客様はこれを了承します。

第4章 お客様の義務

第9条(ID及びパスワードの管理)

  1. ファストメールは、お客様の指定した電子メールアドレスもしくは住所に対して、電子メールもしくは郵送にてお客様に通知することにより、お客様 がファストメールのサービスを利用するうえで必要となるIDおよびパスワードを貸与するものとします。ファストメールは、お客様が指定した電子メール アドレスもしくは住所に対して、IDおよびパスワードを電子メールもしくは郵送にて通知した場合には、その誤送信・誤郵送・不到達等により生じた責任を一 切負わないものとします。
  2. お客様はかかるIDおよびパスワードの使用および管理に関して一切の責任を負うものとします。
  3. ファストメールはお客様のIDおよびパスワードが第三者に使用されたことによって当該お客様が被る損害については、当該お客様の故意過失の有無 にかかわらず一切責任を負わないものとします。お客様はIDおよびパスワードを失念した場合は直ちにファストメールに届け出ることとし、ファストメー ルの指示に従うものとします。また、当該IDまたはパスワードによりなされたファストメールの提供するサービスの利用は当該お客様によりなされたものと みなし、当該お客様は利用料その他の債務の一切を負担するものとします。
  4. ファストメールはお客様が利用約款に定める範囲を超えてのご使用をされること、およびお客様以外の第三者がかかるIDおよびパスワードを使用することを固く禁じます。

第10条(利用契約の変更等)

  1. お客様は、自らの氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスその他、ファストメールに届け出ている内容に変更が生じた場たは誤りがある場合は、速やかにその内容の変更等を届け出てください。
  2. ファストメールは、前項のお届け出がファストメールに到達し、かつ、ファストメールがご変更の事実を確認するまでは、ご変更のないものとしてサービスをご提供いたします。ファストメールは、このことによってお客様に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第11条(手続きの遵守)

  1. お客様はファストメールの提供するサービスを利用する際は、事前にファストメールにより定められた個々のサービスに関する所定の手続きを経るものとします。

第12条(禁止事項)

  1. お客様は以下の各号に該当する行為をしてはいけません。
  2. お客様が前項に記載する禁止行為をした場合には、ファストメールはお客様に対して警告をしたり、その提供するサイトにお客様の禁止行為を公開する場合があり、お客様はこれを了承します。

第5章 運営

第13条(データの削除等)

  1. ファストメールは、次の各号の何れかに該当するとファストメールが判断する場合、ファストメール指定のサーバに保存、登録されている電子 メール、電子メールアドレスその他の各種データの全部または一部を当該サーバから削除或いは消去することができるものとし、お客様はこれを了承します。
  2. ファストメールは、ファストメール指定のサーバに保存、登録されている電子メール、電子メールアドレスその他の各種データの量がファスト メールの設定の記憶容量を超える場合、当該データのうち古いものから順番に当該サーバから削除または消去できるものとし、お客様はこれを了承します。

第14条(データの削除等)

  1. ファストメールは、次の何れかに該当する場合、自らの判断によりサービス提供の全部または一部を中断または中止することができるものとします。
    (1)火災、地震、洪水等の天災、戦争、動乱、騒乱等の事変、停電、労働争議、その他の非常事態が発生し、または発生する恐れがある場合。
    (2)ファストメールのサービスに関連するファストメール指定のサーバその他ファストメールが運用もしくは管理する設備の保守を定期的にまたは緊急に行う場合。
    (3)ファストメールのサービスに関連するファストメール指定のサーバその他ファストメールが運用または管理する設備、ソフトウェア等の異常、故障、障害その他本サービスを提供できない事由が生じた場合。
  2. ファストメールは、前項の規定によりサービスの提供を中断または中止する場合、自らが適当と判断する方法で、事前にお客様に対してその旨を電子 メールにて通知またはファストメールが公開しているホームページ上で告知するものとします。但し、緊急の場合、ファストメールはかかる通知または告知 を行うことなく、サービスの提供を中断または中止することができるものとします。
  3. ファストメールは、サービス提供の中断または中止によって生じたお客様及び第三者の損害につき、一切責任を負わないものとします。

第15条(サービスの廃止)

  1. ファストメールは、業務上の都合により必要があるときは、お客様に対して現にご提供しているサービスの全部または一部を廃止することがあります。
  2. ファストメールは、前項において定めるサービスの廃止を行なう場合には、自らが適当と判断する方法で、その1月前までにその旨をお客様に対して電子メールにて通知またはファストメールが公開しているホームページ上で告知いたします。
  3. ファストメールは、本条第1項において定めるサービスの廃止によりお客様に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第16条(免責)

  1. ファストメールは、お客様がファストメール指定のサーバに保存、登録している電子メールがお客様が指定する電子メールアドレス宛に到達することを保証しないものとします。
  2. ファストメールのサービスに関連して、お客様が第三者に損害を与えた場合、またはお客様と第三者間で紛争が生じた場合、ファストメールは利用約款にて明示的に定める以外に、お客様及び第三者に対して一切責任を負わないものとします。
  3. ファストメールは、次のいずれかが発生した場合でも、お客様及び第三者に対して一切 責任を負わないものとします。
  4. ファストメールは、第20条に定める事由以外では、お客様から受領した金員を一切払い戻す義務を負わないものとします。
  5. ファストメールは、お客様がファストメールのサービスに関連して利用する設備、端末、ソフトウェア等のサポートおよびこれらに対応してナウ ゲッタメール指定のサーバその他ファストメールが運用または管理する設備、端末、ソフトウェア等を設定し或いは改変を行う義務を負わないものとします。
  6. ファストメールは、お客様又は第三者からの苦情、問合わせ等に対応し、或いは、かかる苦情、問合わせ等をお客様が指定する者に取り次ぐ等、お客様及び第三者に対して直接対応する義務を負わないものとします。

第17条(損害賠償の制限)

ファストメールは本利用約款に明示的に定める以外にお客様および第三者に対して一切責任を負わないものとしますが、万が一責任を負う場合であってもその損害賠償額の上限はお客様がすでに支払った金員のうち、最大月額利用料金の3ヶ月分を上限とするものとします。

第6章 料金

第18条(料金)

  1. 申込者には、次の各号に掲げる料金をファストメールにお支払いいただきます
  2. 利用料金は配信メールアドレス数によって設定させて頂きます。
  3. ファストメールは規定する全ての料金についてあらかじめ価格を定め、別にこれを公示 いたします。
  4. 本条の規定は、お客様が第21条において定めるところによりその利用契約を更新しようとする場合について、これを準用します。この場合には、本条 における「申込者」は、これを「お客様」と読み替えるものとします。ただし、本条第1項第1号の料金については、この限りではありません。
  5. ファストメールは、料金の価格を変更することがあり、お客様はこれを了承します。

第19条(料金の支払方法)

  1. 利用契約のお申込の際にファストメール指定の銀行口座へお振込ください。
  2. 消費税、銀行振込手数料および料金の支払に際して生じるその他の費用については、申込者またはお客様にご負担いただきます。
  3. 料金は、これを前払いとします。
  4. ファストメールは、特定のお客様について本条第3項の支払方法と異なる支払方法を定める場合があります。

第20条(サービス利用不能の際の料金のご返金)

ファストメールは、利用契約に基づくサービスを提供すべき場合に置いてファストメールの責に帰すべき事由により利用が全く出来ない状態が生じ、 かつそのことを、ファストメールが認知した時点から起算して24時間以上サービスが利用出来なかったときは、お客様のご請求に基づき、その利用が全く出 来ない状態であることをファストメールが知った時からサービスが再び利用出来ることをファストメールが確認した時までの時間を24で除した数(小数点 以下の端数は切り捨てます)に1ヶ月に相当するサービス費用の30分の1を乗じて算出した額を返却します。

ただし、お客様は当該請求をなしえることとなった日から4週間以内に当該請求をしなかった時はその権利を失うものとします。また、当該請求が1万円未満の場合は、利用不能の時間と同等の契約期間の延長をもって費用の返却にかえさせていただきます。

第7章 利用契約の更新・解除

第21条(利用契約)

  1. 利用契約の存続期間については3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月のうちのいずれかを利用契約のお申込の際に申込者にお選びいただきます。
  2. ファストメールは前項に定める利用契約の存続期間を変更する場合があり、お客様はこれを了承します。

第22条(利用契約の更新)

  1. お客様は、その利用契約を更新しようとするときは、契約期間の満了日までに第16条において定める料金および消費税の全部(以下、「所定の料金等」という。)をファストメールに支払うものとします。
  2. お客様が前項において定めるところにより所定の料金等をファストメールに支払ったときは、その利用契約は、契約期間の満了とともに従前と同一の内容をもってお支払いいただいた料金に対応する期間更新されるものとし、その後も同様とします。
  3. お客様が契約期間の満了日までに所定の料金等をファストメールに支払わなかった場合にはその利用契約は、契約期間の満了日をもって終了するものとします。

第23条 (お客様の随意に行なう解約)

  1. お客様は、将来に向かって随意に利用契約の解約を行なうことができます。
  2. 本条において定める解約は、ファストメールの定める方式に従ってこれを行なわなければなりません。ファストメールの定める方式に従わない場合には、解約の効果は生じません。
  3. お客様が本条において定める解約を行なったときは、その利用契約はその解約の通知がファストメールに到達した日をもって終了するものとします。
  4. お客様は、本条において定める解約を行なった場合であっても、すでにファストメールに支払った金員の返還をうけることは一切できません。

第24条(ファストメールの行なう解除)

  1. ファストメールは、お客様について次の各号に掲げるいずれかの事由があるときは、直ちに無催告で利用契約の解除を行なうことができます。
  2. ファストメールが本条において定める解除を行なったときはその利用契約はその解除の通知が通常であればお客様に到達するであろう日(電子メールの場合は送信日、郵送の場合は発送日の翌日)をもって終了するものとします。
  3. ファストメールは、本条において定める解除を行なった場合であっても、そのご契約者に対する損害賠償請求権を失わないものとします。

第8章 雑則

第25条(ファストメール業務譲渡)

ファストメールの事業提携会社への営業権・ 事業権の売却・譲渡等によるお客様とファストメールの契約関係の引継ぎ等は、お客様に対する通知のみによって変更可能とします。

第26条(インターネットにおける慣習の遵守)

お客様はファストメールサービスのご利用に際して、スパムメールの発信の禁止等、インターネットの参加者の間において確立している慣習を尊重しなければなりません。

第27条(準拠法)

利用約款の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第28条(紛争)

  1. 利用契約について紛争が生じたときは、各当事者は相互の協力の精神にもとづき誠実に解決のための努力をするものとします。
  2. 本利用契約に関連して紛争が生じ、各当事者において協議しても解決しない場合、大阪地方裁判所を専属的な第一審の管轄裁判所とします。

第29条(利用約款の改定)

ファストメールは実施する日を定めて、お客様に対し電子メールにて通知またはファストメールが公開しているホームページ上で告知することにより 利用約款の内容を適宜変更できるものとします。その場合には、利用契約の内容は改定された利用約款の実施の日から、改定された利用約款の内容に従って変更 されるものとします。

第30条(お客様に対する通知)

  1. 本利用約款に関連してなされるお客様に対する通知はすべてお客様がファストメールに登録している電子メールアドレスに電子メールを送信する方法、または同様に登録している住所に郵送する方法、ファストメールが提供するホームページに掲載する方法によるものとします。
  2. ファストメールは前項に定める通知方法によってすべての業務連絡・意思表示をするものとし、お客様の虚偽登録・誤登録・登録変更手続きの失念等・誤送信・誤郵送による責任を負いません。

個人情報保護方針

■個人情報保護方針

インクルード・コミュニケーションズ株式会社(以下、当社という)は、個人情報の保護の重要性を認識し、その徹底のため個人情報保護コンプライアンス・プログラムを策定し、以下のように個人情報保護方針を定めると同時に、社員一体となり適切な個人情報保護の体制整備を講じた事業活動を行います。

■個人情報の定義

当社が保護すべき個人情報とは、個人を識別できる情報(メールアドレス・氏名・電話番号・住所・その他、その1つもしくは他の情報と照合することによって、個人を特定することのできる情報)になります。

■個人情報の収集と利用

当社が個人情報を収集する際は収集および利用目的を明確にし、その目的を越えた収集や利用をいたしません。個人情報の収集は、本人の同意を得た上で適正な方法で行います。

■個人情報保護のための社員教育

当社の役員、正社員、契約社員、アルバイトを含めた全従業員は、個人情報保護および個人情報の適切な管理方法についての研修を受け、日常業務における個人情報の適切な取扱いを徹底いたします。

■個人情報の管理者の設置

当社は、個人情報保護管理責任者をおき、社内における個人情報の適切な管理を実施いたします。

■WEBページからの個人情報の収集について

当社は、WEBページ画面から、個人情報の収集を行う場合は、通信の暗号化(SSL)を行います。
当社では、アクセス状況の計測を目的として、クッキーを利用することがありますが、クッキーの利用によって、個人を特定することはありません。

クッキー(Cookie)
クッキーとは、サーバーからユーザーのブラウザに送信され、ユーザーが使用しているコンピュータのハードディスクに蓄積される情報ファイルです。ユーザーが同じサーバーに再度アクセスした際に、それを認識することができます。

■収集した個人情報の第三者への開示

当社は収集した個人情報を、下記の場合を除き第三者に開示することはありません。

  1. 本人の承諾を得た場合
  2. 情報処理などのために、当社の業務委託先に必要な限度で個人情報を預ける場合   (この場合は業務委託先にも個人情報保護を徹底させる)
  3. 法令等により要求された場合
  4. 本人および公衆の生命・健康・財産などの重大な利益を保護するために必要な場合

■セキュリティについて

個人情報への不正アクセスなどを防止するための措置万全の体制及び個人情報の漏えい、紛失または破壊・改ざんの防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を整え、個人情報の管理体制に関して継続的に改善に努めます。

■問い合わせ等について

当社は本人から、本人自身の個人情報の照会・修正等を要請された場合、または個人情報に関する問い合わせや苦情・相談を受けた場合は合理的な範囲で適切に対処いたします。
当社は、個人情報の照会・修正等または問い合わせや苦情・相談の対応窓口を下記の通り設置しております。

■個人情報に関するお問い合わせ先窓口

〒930-0044 富山県富山市中央通り2丁目3番22号 中教院モルティ2F
インクルード・コミュニケーションズ株式会社
個人情報管理責任者:荒井 孝之

■個人情報ご相談窓口

Tel:076-481-7675(代表) E-mail:info@includecom.co.jp

■法令等の遵守について

当社は、個人情報保護のための関連法令およびその他の規範を誠実に遵守いたします。

■個人情報保護コンプライアンス・プログラムの見直し

当社は、個人情報保護コンプライアンス・プログラムおよび個人情報保護方針を少なくとも年1回4月に見直し、個人情報の取扱い及び管理をより良いものにしてゆくため継続的改善に努めます。

平成19年9月1日

インクルード・コミュニケーションズ株式会社
代表取締役 荒井孝之